画像

TVCMでよく見る「過払い金請求」返還額ってどうやって計算するの?

2019−07−04 トレンド・ラボ編集部

過払い金がいくらあるか、自分でも確かめられる?

過払い金とは、消費者金融やカード会社などに払い過ぎてしまったお金(=とられ過ぎた利息)のことです。
発生している場合、請求の手続きをすれば取り戻すことができます。

画像

「過払い金請求」のTVCMなどを見て気になっている人も多いと思いますが、弁護士や司法書士に依頼しなくても、自力で返還額を確かめられるのでしょうか?

過払い金は「引き直し計算」で算出されている

過払い金とはそもそも、「利息制限法」にて定められている上限金利を超えた金利で借りたお金を返済した場合に生じます。
算出するには利息制限法にて定められた金利で、利息の計算をやり直し、超過分の額を順次、元本の返済に充当していきます。
これを「引き直し計算」といいます。

この算出法をもとに計算すると、ある時点で「借金が完済されていた」はずが、その後も返済を続けていた事態が発生している場合があります。
この払い過ぎてしまった利息が、「過払い金」です。

計算の仕組みとしてはそこまで複雑ではありませんが、毎月ごとに電卓で再計算するのは大変です。
自力で正確に算出する場合、市販の「引き直し計算用ソフト」を使うのがいいでしょう。

ざっとした目安ならスグにわかる?

法律事務所によっては自社サイト内にて、「過払い金計算ツール」を公開していることもあります。
借り入れ金額や返済期間を入力すれば、過払い金の目安となる金額をシミュレーションしてくれるので便利です。
ただし簡易的な計算になるため、実際の金額と差額が生じる場合があります。

正確な返還額を知り、確実に取り戻すには?

過払い金の返還額のおおよその算出だけなら自力でもできますが、計算結果イコール返還額とは限りません。
実際に請求して確実に取り戻すのであれば、専門的な知識も必要になってきます。
やはり弁護士や司法書士などのプロを通して請求するのが得策でしょう

画像

ちなみに過払い金には時効があるのをご存知ですか?最後の取引日から10年が経過すると取り戻せなくなります。
請求するかはさておき、過払い金が発生しているかの事実確認は早めに済ませておきましょう。