画像

毎朝1杯の「レモン白湯」でスルスル痩せる?冷えや便秘、むくみにもイイらしい♡

2019−07−19 トレンド・ラボ編集部

冷えや便秘、むくみにも?体が軽くなると話題の「レモン白湯」

さまざまな体調不良につながる「冷え」は多くの女性の悩みの種ですが、海外セレブや芸能人が実践している話題の冷え対策が「レモン白湯」です。
デトックス効果が期待できるレモンに、白湯をプラスしたダブルの効果で、体を内側からポカポカと温めて代謝アップが期待できるのだとか!

なぜ「レモン白湯」がカラダにいいの?

レモンは疲労回復に効果的といわれるクエン酸や、体の機能を調節するナトリウムなどを含み、体の排出力をサポートします。
白湯は水より人の体温に近いため、胃腸への刺激が少なく吸収もスムーズです。胃腸を温め、調子を整えてくれる効果が期待できます。

レモン白湯のつくり方&飲み方

画像

[作り方]
(1)やかんに水を入れ、フタをして火にかける。
(2)沸騰したらフタを取り、10~15分間煮立たせる。
(3)沸騰したお湯を40〜50度程度まで冷ましたら、レモン(1/2カット)を入れる。

[飲み方]
・朝起きてすぐ朝食前に飲む
・10~15分ほど時間をかけて飲む

体が冷えている起き抜けに飲むのが効果的。じんわりと体の中から温まります。
夜に失われた水分補給も兼ねて朝食前がおすすめですが、レモンは排出力が強いので、量は1日2杯程度が目安です。

運動後の1杯が代謝アップに効果的

ダイエット目的でレモン白湯を取り入れるなら、運動後の水分補給に飲むのがおすすめ。運動は軽い散歩やストレッチでもOKです。
代謝がアップすることで消費カロリーが増えて消化が促されます。老廃物をスムーズに排出することにもつながります。

まずは1週間続けてみよう!

画像

まずは朝の目覚めの1杯を、1週間程度続けてみてください。
塩やショウガをプラスするのもいいですね。お通じの改善や代謝アップの効果も高まり、味の変化も楽しめますよ。
ただし胃腸が弱い人には、レモンの刺激が強い場合があります。量を加減するなどして調整しましょう。

毎朝飲むだけでイキイキと元気になる「レモン白湯」は、とにかく簡単ですしお金もほとんどかかりません。
さっそく明日の朝から始めてみませんか。